おすすめの軽量テーブル【iClimb アウトドア テーブル】

キャンプギア

こんばんは、たろです。

軽量・コンパクトなアウトドアギアを中心に紹介しています。

キャンプの時に、ドリンクや食材などを置いておくテーブルって重宝しますよね!!

今回は、ちょうどいい大きさのソロキャンプ用の軽量テーブルをご紹介します。

iClimb アウトドア テーブル

iClimb

iClimbは、テーブル、イス、シュラフ、コットなどキャンプ用品を幅広く取り扱うメーカーです。Amazonなどでよく目にしますが、ホームページは見つかりませんでした。

今回紹介するテーブルは、3年ほど使っても不具合なくしっかりしているため、品質はある程度信頼できそうな印象です。

アウトドア テーブル

それでは、テーブルを見ていきましょう!

iClimb 折りたたみテーブル

  • サイズ:35×25×10 cm
  • 重量:460 g
  • 価格:1,680円(2019年)

なんと言っても低価格なのが嬉しいですよね!

麻袋のようなおしゃれな袋に入ってます!

組み立てると、こんな感じ!

ソロ用軽量テーブルだと、sotoのフィールドホッパーやスノーピークのオゼンライトが有名ですが、、、

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スノーピーク(snow peak) オゼンライト SLV-171
価格:5720円(税込、送料無料) (2022/4/2時点)

 

 

A4サイズより少し大きいテーブルが欲しかったため、これを選びました!!

フィールドホッパーはLサイズだと、A3サイズですが、A3だと少し大きいかなと思います。

お湯沸かしながら、マグカップと携帯を乗せられて、少し余裕があるこの感じがちょうどいいですね!

あ、あと、iClimbのロゴって、なんか可愛くて魅力ですよね!

サイズがちょうど良くて、魅力のあるテーブルなんです!iClimb結構好きです!

 

組み立て

組み立て方ですが、少しコツがいるので、見ていきましょう!

まず、天板が2枚あります。

裏はこんな感じです!

両端に丸い穴が空いています!後ほどここに脚を固定します!

中央には、このようなフック状の切り込みがあります。

ここで脚の登場!Mですね。これが2本入っています。

両端の穴に、この脚を差し込みます。

そして、脚と脚の間を引っ張って、フック状の切り込みに差し込みます。

少し力が入りますが、慣れれば問題ないと思います!

もう一方も同様に差し込みます。

これで完成です!

慣れると1分くらいで組み立てられるので、そこまで大変ではないかと思います!

まとめ

  • 大手メーカーの製品に比べ低価格
  • A4より少し大きいサイズが使いやすい
  • iClimbのロゴや収納袋がおしゃれ
  • 組み立ても慣れれば大変じゃない

こんな魅力的なテーブルです!

現在(2022年)は、天板に穴が空いていて、少し軽量化されてますね!こっちの方が欲しいかもです笑

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

キャンプ関連の他の記事も是非みていってください!!

キャンプナイフ【Helle Didi Galgalu】
ノルウェーの老舗メーカーHelleのフルタングナイフDidi Galgalu。高品質で雰囲気のあるキャンプに適したナイフの紹介。
キャンプギア
たろをフォローする
たろ

山口県在住33歳たろ。
キャンプを始め、自然の魅力、その自然を楽しむための道具(ギア)に対し、浪漫を感じています。
ギアの魅力を中心に記事を書いています。

たろをフォローする
浪漫探索家ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました