キャンプフライパン【Turkクラシックフライパン】

キャンプギア

こんばんは、たろです。

今回は無骨でかっこいいフライパンのご紹介です。

Turk クラシックフライパン(20 cm)

Turk社(ドイツ)

Turk社はドイツのルール地方にある、1857年創業の老舗フライパンメーカー。

数種類のフライパンとそれぞれにサイズバリエーションが豊かなラインナップ。

クラシックとロースト

Turkのフライパンには、クラシックローストの二種類があります。

クラシック(今回紹介)の特徴

  • 職人が一つ一つ手作り
  • 本体と柄が一体型で継ぎ目がない
  • 本体の焼き面が滑らかで凹凸なし
  • 本体の厚みが3 mm
  • 価格が高い

ローストの特徴

  • プレス機で製造
  • 本体と柄が溶接されている
  • 本体の焼き面に格子状の溝があるデザイン
  • 本体の厚みが2 mm
  • 価格が安い(クラシックの1/3程度)

クラシック、ローストともに魅力的なフライパンですが、柄の継ぎ目がなく半永久的に使える点に惹かれ、クラシックを選びました。

クラシック焼きならし(シーズニング)

クラシックを購入したら、まず最初に行うのが、シーズニングとも言われる焼きならしの作業。

届いた状態では、表面に鉄粉やさび止めが付いています。

まずは、洗剤を使い、たわしでがっつり綺麗に洗います。

洗剤を使うのは、これが最初で最後です。

綺麗になりました。

ここから焼きならしの工程です。

加熱して水分を飛ばしたら、オリーブオイルを多めに入れます。

そこに野菜くずをいれ、真っ黒になるまで炒めていきます。

これで鉄臭さが取れるようです。

10分くらい炒めたら、野菜くずを取り出し、お湯で流しながら、たわしで擦ります。

この後は、表面に油のコーティングをする工程です。

油を薄く塗る→煙が出なくなるまで空焼きを5回くらい繰り返します。

ちょっとまだらですが、一応完成です。

使っていくうちに、真っ黒になっていくので、問題なしです!

※普段の手入れ

使用後にお湯で流しながら、たわしで擦って空焚きして水分を飛ばしておけばOKです!洗剤は使わないようにしましょう。また、使用前に油をフライパン全体に馴染ませてから使用しましょう。

使い続けるうちに、フライパンの表面に酸化皮膜が形成されていき、油を弾くようになります。焦げ付きにくく汚れも水でさっと落ちるようになります!

Turkフライパン料理

このフライパンは、キャンプ時だけでなく、家でも使えるのも良い点です。

日々いろいろなTurkフライパン料理をつくっていますが、特に美味しかった料理を紹介します。

デミグラスチーズハンバーグ

Turkフライパンで焼いたふっくらとしたハンバーグは、デミグラスソースとチェダーチーズと絡み、この上ない幸福感を感じられます。

和風チキンステーキ

醤油とみりんをベースに、ニンニクとバターが香る絶品ソースが、やわらかいチキンに染み込んでいます。

サーロインステーキ

ガーリックとタイムで香り付けたサーロインステーキは、もうお店の味です。

サイズに関して、グリル料理であれば、1人用で20cmでちょうど良いと感じます。

何といっても、厚い鉄板で熱々のまま頂けるので、より一層美味しく感じられます。

一生使えるフライパンと共に、年を取っていけるのは浪漫ありますね。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

関連記事も是非見ていってください!

キャンプナイフ【Helle Didi Galgalu】
ノルウェーの老舗メーカーHelleのフルタングナイフDidi Galgalu。高品質で雰囲気のあるキャンプに適したナイフの紹介。
キャンプギア
たろをフォローする
たろ

山口県在住33歳たろ。
キャンプを始め、自然の魅力、その自然を楽しむための道具(ギア)に対し、浪漫を感じています。
ギアの魅力を中心に記事を書いています。

たろをフォローする
浪漫探索家ブログ

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました