FEUERHAND オイルランタンの芯交換方法を徹底解説

キャンプギア

こんばんは、たろです。

軽量で機能的なキャンプギアを中心に紹介しています!!

キャンプではランタンは必須ですよね!LEDランタンも機能的で素晴らしいですが、オイルランタンのエモさは何にも代え難いです。

今回は、かなり有名なオイルランタンですが、

Feuerhand オイルランタン ベイビースペシャル276 ジンク

を紹介します!!

Feuerhand(フュアハンド)

Feuerhand(フュアハンド)は、1902年創業のドイツの老舗ランタンメーカーです。軍用に用いられる程、広く信頼性を獲得しています。

オイルランタン ベイビースペシャル276 ジンク

オイルランタンでは最も有名なものかもしれませんね。ドイツ製のシンプルで味のあるランタンです。

この味わいがなんとも言えません。雰囲気出ますよね!!

FEUERHANDのロゴもちょうどよい模様となってます。

276 GERMANYのロゴもかわいい文字。

上蓋には、FEUERHAND ORIGINAL NIERと記載してあります。

NIERとは、Feuerhand社の創業者 Hermann Nier氏の名前とのことらしいです。

給油口もおしゃれなデザインになっています。

給油口キャップは、手の上で炎が上がっているデザインです。ファイヤーハンドってことかどうかは、わかりませんね。

購入価格は、3,296円(2019年当時)でした。

Feuerhand オイルランタン 芯交換方法

オイルランタンは、下部の灯油タンクに繋がった紐状の芯に火を灯すものなので、芯の交換は定期的に必要になります!

芯交換について、最初はわからなかったので、紹介しますね。

作業するときは、ランタンが冷めていることを確認しましょう!

まず、ランタンフックと上蓋のフックを握るようにして、上蓋を持ち上げます。

そうすると、硝子カバーの固定が解除されてます。

手前から後ろに押すと硝子カバー全体が後ろに倒れます。

右手前の火力調整つまみを左の方に回すと、芯を固定する部分が取れます。

あとは、火力調整つまみを回して芯をはずし、新しい芯をかませたら、元に戻して終了です。

構造が少し複雑ですが、慣れれば簡単です。

ずっと使っていくと愛着が増していきます!!

まとめ

  • 火を灯すだけで雰囲気が出る
  • シンプルだが細部のデザインがお洒落
  • 真の交換も慣れれば簡単
  • 使っていくほど愛着が増していく

キャンプには、絶対持っていきたいギアの一つです!!

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

関連記事もぜひ!!

キャンプナイフ【Helle Didi Galgalu】
ノルウェーの老舗メーカーHelleのフルタングナイフDidi Galgalu。高品質で雰囲気のあるキャンプに適したナイフの紹介。
キャンプギア
たろをフォローする
たろ

山口県在住33歳たろ。
キャンプを始め、自然の魅力、その自然を楽しむための道具(ギア)に対し、浪漫を感じています。
ギアの魅力を中心に記事を書いています。

たろをフォローする
浪漫探索家ブログ

コメント

  1. […] […]

  2. […] FEUERHAND オイルランタンの芯交換方法を徹底解説おすすめのオイルランタン… […]

タイトルとURLをコピーしました